あるき亭

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

なごむコピペ貼ってけ  

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 17:34:43.25 ID:IZkgHfJxO [1/84

384:なご 06/23(水) 17:22 7cqlcPnx0 [sage]

数日前
「ちょっと良いですか?この子なんですけど、知りませんか?
うちで飼ってたんですが脱走してしまって。
外に出したことないので、どこかで迷子になっているかもしれません
見つけたらお礼しますから、道を教えてあげてください」
って丁寧に飼ってる猫?っぽい写真と
なんかのはぎれ?を地域のボスっぽいいかつい顔した猫に見せつつ
猫缶あげてる女の子を見た。
で、昨日同じ女の子から猫缶もらって
うれしそうに食べてるボス猫を見た。
帰ってきたんだろうなあ


2_20100725162938.jpg


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 17:38:02.90 ID:IZkgHfJxO [2/84]

95:おさかなくわえた名無しさん :2009/09/07(月) 19:39:25 ID:XuGVDrTa [sage]

この間バスの中から見えた和み
犬猫注意

渋滞してて正直暇だった。
何気なく外を見ていると、あるお宅の庭でご飯中のでかくて真っ白い犬を発見。
ハスキーあたりを純白にした感じ。一瞬狼に見えた。
綺麗だなぁかっこいいなぁと釘付けになっていたら、ご飯に夢中だった狼犬がぱっと振り向いた。

視線の先を辿ると何かちっさい毛玉が…よく見たら三毛の子猫。
捨てられたのかガリガリに痩せてて、どうも狼犬のご飯に釣られたらしかった。
二匹は物凄い体格差なわけで当然子猫はびくついてる。でも目の前にはご飯が。
ご飯の前には氷山の如く聳える白い巨体が。
挙動不審な子猫を見つめていた狼犬、見兼ねたのかゆっくりした動きでご飯から離れて
そっぽ向いて寝そべった。

狼犬「もうお腹ふくれたよー全然見てないよー(`・ω・´)」
子猫「!?寝ちゃったの?食べていいの?罠なの!?でもご飯…(*゜∀゜*)」

そんな感じで誘惑に勝てなかった子猫、一度食べ始めたら無我夢中でがっついてた。
それをこっそり横目で見てる狼犬が「たんとお食べ(*´∀`*)」みたいな優しい顔してて、物凄い勢いで和むと同時に何だか泣きそうになってしまった。

ふと気付いたら飼い主さんとおぼしき男の人までお家の中から窓越しに
(*´∀`*)な顔で二匹を見てたし。
子猫にも幸せフラグの予感と共にバスはようやく走り出しましたとさ。
たまには渋滞も悪くない。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 17:42:39.94 ID:IZkgHfJxO [4/84]

238:なごみ 06/11(金) 23:47 4i0bmTzAO [sage]

家の前の道が小学生の通学路なのだが、
先日、通勤中にすれ違った小学生男子に
「とりゃー!」
と手刀で切る真似をされた。
なんとなく
「うわあーやられたー!」
とノってみたら、その後そいつとすれ違うたびに
手を変え品を変え攻撃される。
最近は彼の友達も加わり、朝から
「くらえーカメハメ波ー!!」
「ぎゃー!カカロットぉー!」
「ゴムゴムのピストルー!!」
「ぐわあー!お前が海賊王だー!」
等のやり取りをしている。
憂鬱だった通勤時間が最近は楽しい。
毎朝和ませてくれる男子達が可愛くて仕方ない。



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 17:47:49.85 ID:IZkgHfJxO [7/84]

50:彼氏いない歴774年 :2010/07/15(木) 03:18:33 ID:DLjXFAWh [sage]

ファミレスにて、奥さんと小さい子を2人連れた若いお父さんが

「○○はお母さんの横に座りなさい!本当はお父さんがお母さんの隣に座りたいんだから!」

お父さんかわゆす



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 17:49:44.51 ID:IZkgHfJxO [8/84]

158:おさかなくわえた名無しさん :2009/07/25(土) 22:09:52 ID:OS7c0B6Z [sage]

ある日洗濯をしてたら父(今年めでたく60歳)のポケットからくしゃくしゃになった紙が出てきて、開いてみたら母の名前が書いてあった。

その時はなんかのメモかな?って思ったんだけど、
昨日父・私・私の夫で飲んだ時酔っ払った父が教えてくれた。

なんでも課の人たちと飲みに行った時、二次会で部下に紙を渡され、
「一番好きなの書いてください」と言われらしい。

すでにベロベロに酔ってた父は、余興の心理テストかぁ?と思って母の名前を書いたんだけど、周りを見るとみんな好きなお酒や料理を書いていた。

なんのことはない、三次会どーいう所行くかのアンケートみたいなもんだった。
父はやばい(;゜Д゜)!と思って紙をポケットにねじ込んだというのが真相らしい。


真っ赤な顔してメモを隠す父を想像したらなんかすっごく萌えたw



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 17:55:10.98 ID:IZkgHfJxO [11/84]

9:彼氏いない歴774年 :2010/07/17(土) 00:57:42 ID:kpTK+Vpz [sage]

近所の小学生三人組プラスその先生っぽい20代後半ぐらいの女の人
近くの運動場まで行く途中だったらしい。

小学生A「先生ってお酒飲むんでしょー?」
先生「ちょっとね」
小学生B「たしなむ程度ってやつだね!」
小学生C・B「たしなむ!たしなむ!たしなむ!」
先生「そうだねー(笑)」
小学生A「お酒飲むと友達なくすんだよ!先生友達いないの?(´・ω・)」
小学生C「…(´・ω・)先生かわいそう」
小学生B「友達になってあげようか?(´・ω・)」
先生「え…?え…?(汗)」


80:彼氏いない歴774年 :2010/07/17(土) 10:53:17 ID:v3BxYTQZ [sage]

お酒飲むと友達なくすんだよ!先生友達いないの?(´・ω・)

なぜ、この結論に至ったw



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 18:01:11.65 ID:IZkgHfJxO [14/84]

21:彼氏いない歴774年 :2010/07/09(金) 19:22:00 ID:kEFA6KXQ [sage]

うちは山の見えるベランダで、ベランダで聞こえた会話
下の階の親子。子供は三歳。土砂降りだった雨上がりに

娘「やまびこさーん!」
娘「やまびこさーん!…あれ?いないなぁ」
娘「やまびこさーーん!」
母「やまびこさんは雨でびしょびしょなったからお家帰ってお風呂入ってるわ」
娘「お家どこ?」
母「山の所の…ほら、あの辺のお家」
(多分山の麓の何軒かある家指してる)
娘「そっか、じゃあ誰呼ぼうかな~」


娘「アンパンマーン!」

母「アンパンマンは顔が濡れて力がでないーってパン工場に帰ったよ」
娘「ふーん。そっか」

落ち込んでたけど和んだ



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 18:05:26.47 ID:IZkgHfJxO [16/84]

429:おさかなくわえた名無しさん :2010/01/18(月) 20:42:04 ID:EmZfb+mm [sage]

うちの父は仕事帰りに甘い物を買うのが趣味らしく、
しょっちゅうプリンやらケーキやら大福やらを買ってくる。
うちで甘い物が好きなのは父だけなのに、
1個だけ買うことはなく、なぜかいつも家族の人数分。
「自分が食べる分だけ買いなさいよ」と言っても全然きかない。
夕食後に買ってきた物を冷蔵庫から取り出す時も1個じゃなく複数個。
「みんな食べないんだから自分の分だけでいいよ」と言っても、
「別に食べなくていい。僕が食べるから出してるだけ」と言う。
でも食べるのは毎回1個。
残りはしばらく食卓に出てて、あとで誰かが冷蔵庫にしまう。

という生活がずいぶん長かったんだけど、
最近は私がデザートのお相伴にあずかるようになった。
一度気が向いて「もらっていい?」と聞いたら
「いいよ!」って声があまりにもうれしそうで逆らえなくなった。
ダイエットとは無縁だったのに、笑顔に負けて肉が増えた・・・・



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 18:07:41.11 ID:IZkgHfJxO [17/84]

302:おさかなくわえた名無しさん :2009/10/21(水) 20:39:24 ID:AJDWWFGT [sage]

私はいま通学のため出身県外(といっても隣県)に一人暮らしをしている。
最初の頃は一人暮らしがやはり寂しくて、連休だとか長期休みは必ず実家に帰っていた。

けどそれも1年が経つと一人の生活に慣れてきて、友達もできたし精神的に余裕もでてきて実家帰る頻度が長期休みにちょろっと帰るくらいのものになってしまった。

で、今年も夏休みに2週間ほど滞在する予定で実家帰ったら、ご飯中に母に「前はもっと帰ってきたのにね~」とか「もうちょっといればいいじゃないの~」とかちょっと冗談めいた感じというか照れ隠しみたいな感じにお母さん寂しいわ~的なことを言われた。

そのとき食卓に父もいたんだが会話には入ってこず。
うーんでも帰省費用もったいないしなぁ…と思いながらそれを聞いていると、母が

「あら、もしかして向こうで彼氏でもできた?だから帰ってこないの?」

とか言い出す。その言葉を聞いた直後、無言で魚を食べていた父がピタッと動きを止め

( ゜Д゜)

(゜Д゜)

ほんとに↑みたいな感じにこっちを見たw
私はちょっと笑いながら「いやいや、ないない」というと
父はふーなんだやれやれといった風に再び魚に向かう。
母もそんな父を見てニヤニヤしながら

「そんなこと言って~、本当のところは本人しかわからないもんね~w」

とか言ってくる。
それを聞いて父は再び

( ゜Д゜)

(゜Д゜)

↑の顔ww
父は私が連休中帰ってこない=彼氏ができたという謎な方程式が脳内にできあがってしまったらしく、その後、連休近くになると

「今度の連休帰ってこないの?○日なら迎えにいけるよ」

という電話をかけてくるようになったw



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 18:10:59.36 ID:IZkgHfJxO [18/84]

608 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/11/26(木) 00:15:00 ID:temGA8k8

沖縄の繁華街にて。
(長くなったらごめんなさい)

仕事の終わった夕方、交差点で信号待ちをしていると、目の前にタクシーが停車。
降りてきたのは、白髪の老女。
タクシーから降りると、折りたたみ式の白い杖を伸ばす。
視覚障害者だった。

交差点に立つ白杖の老女、誰にでもなく、
「すみません、あの、すみません… 」
と声をあげる。

が、信号待ちをしている人達の誰も対応できない。
私も、どうにかしなくちゃ、と思いながらも固まっていた。
信号が青に変わっても、私を含めて何人かは動けずにいた。

向こうから横断歩道を渡ってきた、スーツ姿の男性。
白杖の老女に気づくとすぐに近くにきて、
「お困りですか?」
と声をかけた。

老女 「この近くの○○というライヴハウスに私を案内してくれませんか?」

男性 「(チラッと腕時計に目を走らせたけれど、すぐに)あ、偶然ですね、僕も○○へ行くところです、ご一緒しても構いませんか?」

老女 「あら、助かります。お願いできますか。」

その男性、老女の腕をとって、今来たばかりの横断歩道を引き返していきました。
男性、メチャクチャかッコよかった。
固まってなにも出来なかった自分、もちろん今は自己嫌悪で泣いてる



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 18:13:45.24 ID:IZkgHfJxO [19/84]

110:おさかなくわえた名無しさん :2009/09/09(水) 22:46:50 ID:mWPryrSx [sage]

昨日犬の散歩をしていたら、比較的若い男(20代後半)が二人、作業着でマンホールを調べてた。少し立ち止まってみていたら、前から泣きながら女子中学生が歩いてきた。男二人がそれに気づいて、

男A「大丈夫?何かあったの?」
男B「ありゃ、泣いてる女の子か。苦手なパターンだ」

と声かけたんだけど、女の子は「なんでもないです。大丈夫です。」と首を振るだけ。

A「まぁ見知らぬ男に泣いてる理由聞かれても困るよね。」
B「俺らみたいなドカタじゃ尚更だろうな。でも知らんぷりも後味悪いしな。」

ナンパな気持ちじゃなく本当に心配してる様子。
女の子もそれが分かるのか「本当に大丈夫です。心配してくれてありがとう。」と中々礼儀正しい

B「んじゃ、せっかくだから良いもの見せてやるよ。A、携帯もってて」

と、Aに携帯を持たせて、女の子とAをマンホールから離れるように言うと、ブッシャーー!!とマンホールから凄い勢いで水柱が上がった。

2mくらいの高さの水柱に女の子びっくり。俺と犬は興奮。

A「ほらほら虹だよ~綺麗だよ~」

見てみると見事な虹。水が出てたのは5秒くらいだったけど、女の子すっかり泣き止んでた。

A「泣き止んだぜ、俺ら大勝利w」
B「もうびっちょびちょ。これバレたら水泥棒になっちゃうから黙っててなw」

それ聞いて女の子が笑った。AとBも嬉しそうだった。
いつも2chでこういう話を聞くと「ただしイケメンに限る」とかレスしちゃう俺でも素直にGJと思った。



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 18:17:04.58 ID:IZkgHfJxO [20/84]

536:なごみ 07/06(火) 00:17 7lTHpYfaP [sage]

堅物だったうちのトーチャンが、初孫(姉ちゃんの子供)の誕生に
どっかテンションがおかしくなったらしい。

父「地球の平和を守るため!●●くん(孫の名前)を守るため!
  正義の味方、メタボマン参上!\( ゜∀゜)ノ」

孫「わーおじいちゃんかっこいい!」

父「゜+.(・∀・)゜+.゜パァァァ」

姉「(笑いながら)メタボマンのお腹には何が詰まってるの?」

父「愛と勇気と悪を憎む心、そしてたっぷたっぷのお肉だよ!(*゜∀゜*)」

このへんで笑いをこらえきれず、飲んでたほうじ茶噴いてしまった。



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 18:17:50.99 ID:IZkgHfJxO [21/84]

544:なごみ 07/09(金) 23:18 OycohTMd0 [sage]

今日バイト先で外の掃除中聞こえた会話
おばあちゃんとお父さんと4,5歳くらいの女の子
ばば←多分おばあちゃんの事
娘「ばばすごい!」
婆「そうかい?」
父「え?パパ?パパすごい?」
娘「違う!ばばがすごい!」
父「(´・ω・`)」
お父さんw



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 18:22:51.59 ID:oh5yS4/r0 [1/2]

職場で私が教育担当になった新入社員の女の子は
真面目で礼儀正しい上に可愛い、とっても優秀な人。
でも、この前の仕事中はちょっと違ってた。
自分のPCが調子悪くなったらしくて、画面を見つめたまま
隣のデスクの私の肩をちょんちょんっとつついて

「ねぇ、ちい姉ぇ、ちい姉ぇ、これって…」

呼ばれた私と目が合ったら真っ赤な顔して「す、すいません」って大慌て。
要はあれ、学校の先生をお母さんって呼んじゃうやつのバリエーション。
後で聞いたら彼女、三人姉妹の末っ子だったんだって。

私もこういう可愛い妹が欲しかったなって言ったら、
また赤くなって照れてた



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 18:27:51.34 ID:IZkgHfJxO [24/84]

28:おさかなくわえた名無しさん :2009/05/15(金) 19:25:40 ID:pVHEy3pi

私のお父さんは渋くてかっこいいんだけどかなり無愛想で、
私が話しかけてもお母さんが話しかけても
大抵「うん」とか「ああ」とかしか言わないし,あんまり笑わない
でも、動物は好きみたいで猫とか犬とか見かけたときは
ちょっとだけ口元が緩んでた
うちはマンションだったから動物は飼えなかったんだけど。。。

一週間くらい前にちょっと調べ物したくて
お父さんのパソコンこっそり借りようとしたら
なんか写真のフォルダだけ開いてた

中身は動物の写真ばっかり何百枚もあって
ネットで集めたのかな、よっぽど好きなんだな~
とか思って見てたら
写真の一枚一枚に名前がつけてあった

ネコが2匹じゃれあってる写真は
【にゃんにゃんにゃにゃにゃ~♪】
レッサーパンダがおいしそうにエサたべてる写真には
【んまい んまい】
犬が肉を目の前にしてヨダレ垂らしてる写真は
【じゅるり】

写真に名前つけてるお父さん想像したら萌えた



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 18:34:59.48 ID:IZkgHfJxO [25/84]

608:2010/06/16(水) 01:15:39 ID:dSwJH0mm (1)[sage]

近所のスーパーで入った店内放送
「お客様のお呼び出しを申し上げます(車の特徴・ナンバー)のお車でお越しのお客様
運転席でワンちゃんがクラクションを鳴らしながらお待ちです
お早めにお車までお戻りください」
その途端えらい勢いでレジに走ってくおっさんが居たから
多分あの人の犬なんだろう…見たかった



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 19:07:48.90 ID:IZkgHfJxO [31/84]

170 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 2010/07/20(火) 00:35:26 ID:m0iPblzf

2歳の娘が「かき氷食べたい?」と聞いてきたので、
おままごとかなと思って「うん」って答えた。
娘「じゃあ氷持ってきて」
私(えっ)
娘「早く行きな」
私「!」
ドキンちゃんの真似だったよ。
バイキンマン(下僕)の気持ちを少し理解した。



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 19:12:12.89 ID:IZkgHfJxO [32/84]

109:おさかなくわえた名無しさん :2009/06/18(木) 20:43:23 ID:jZ46Abbp [sage]

父親が、日帰りで他県に仕事行くらしい。

『お父さん、あした仕事休みだからお弁当作ろうか?それともあっちで食べてくる?』

と聞いたら、はじめ(*゜∀゜*)て顔をしたんだけど、急に恥ずかしそうに

『外食なら・・機会があればいつでもできるけど、娘のお弁当はいつ食べれなくなるか・・なぁ、あの、昔母さんが作った赤いウインナーのタコさん・・タノム(←だんだん語尾が小さくなる)』

『あっ!あとアスパラをベーコンで巻いたやつと、卵焼きとわかめご飯・・デモ父サンハナンデモ食ベルゾ!』

思わずプッwと吹き出して笑っちゃったけど、外食より私のお弁当を選んでくれてすごく嬉しい。明日は気合いいれてお弁当作るぞ



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 19:18:56.38 ID:IZkgHfJxO [33/84]

515 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 14:44:10

小さな定食屋やってるんだけど、近くに研修外国人用の宿泊施設があるので
外国の人がよく来る。
で、暑くなりはじめるこの時期になると100円玉もってこっそり私に近づく人がいる。
用件は「忍者の薬をくれ」
彼らの言う「忍者の薬」とは梅干。
ばあちゃん直伝の梅干を店先で売ってる。
だいぶ前に夏ばて気味の研修外国人に
日本古来の食品で夏ばてにいいんだよとあげたら
効いたらしく、「あれはグレイトだぜ・・・」と申し継ぎされているらしい。
しかし外国人仲間の間では
「梅干?あれは人間の食い物じゃねえ!
日本人はなんであんな物食うんだろうなHAHAHA」
とやりあってるらしく、おおっぴらに買えないから、こっそりと私に耳打ちしにくる。
梅干が外国人にも効くのかとこちらもびっくりだが、
彼らの間では私は忍者の女首領扱いになっている。



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 20:02:39.93 ID:IZkgHfJxO [46/84]

692 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2010/02/12(金) 19:59:40 ID:QwMWi5bi

和む…かはちょっと違う気もするけど。
大学で、そろそろ次年度の講義どうするといった話が持ち上がり。
うちは体育は必修で、バドやらハンドボールやら何か1種目選ぶ必要があった。

ジョン「来年の体育はどうする?」

友人「体育か…あぁ、そうだった。すまないジョン、来年は君と一緒に出来ない」

ジョン「なにゆえ?」

友人「実は…本当は言っちゃいけないんだが、俺らは来年忍術を取らないといけないんだ」

俺ここで飲んでたジュースを吹き出しむせる。
そんな俺の反応を横目に、ジョンも冗談だと思ったらしい。
しかしこの流れが勿体ないので、俺の動揺の方向性を変える事にした。

俺「馬鹿野郎!日本人学生以外に教えたら駄目だろうが!いくら何でも軽率すぎる!」

友人「あっ…す、すまん。ジョン、忘れてくれ。頼む」

我ながら真に迫っていたと思う。事実、今度はジョンが動揺しはじめた。

ジョン「お、おいおい…やめてくれよ…」

友人「そんな訳なんだ、済まない」

ジョン「…な、それは本当なのかい?」

友人「頼むから忘れてくれ」

ジョン「な、なあ!それって僕はダメなのかい!?」

友人「残念だが、日本人以外は受講どころか、講義そのものが秘密なんだ」

俺「君だってニンジャの凄さ恐ろしさは知っているだろう。その技術を他国に渡すわけにはいかない」

ジョン「そんな…それじゃあ僕は何の為に日本に来たんだ!ねえ、二人から教授に頼んでくれないかい?国籍を変えろというならすぐにでも変えるから!」

俺「…ジョン、残念だが」

友人「それは出来ないんだ。何故なら、この話は全て嘘だからさ…」

ジョン「…!? … あqwsでfrtgyふじこlp;p@:!!!!!!!」

めっちゃくちゃ怒られました。回転寿司を二人で奢る事で手打ちとしました。



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/24(土) 20:51:58.50 ID:IZkgHfJxO [53/84]

80 :癒されたい名無しさん:2008/09/02(火) 08:19:26 ID:zOeMbSpk

一時間に一本くらいしか電車が通らない田舎に、5才くらいの子供とその両親が旅行にきていた。
ダイヤの関係で、ある駅で電車が3分ほど止まってた。
お父さんはお母さんと子供を車内に残して、ホームに出て写真を撮り始めた。
すると電車がすぐに出発してしまうと思った子供が、「お父さんが置いてかれちゃう!」って泣き出した。

お母さんがなだめるも、泣き止まない子供。
「お父さん! 早く乗って! 置いてかれちゃう! お父さぃやぁぁぁ!!」
周りの客がそれ見て、優しい子供だなぁとか言って笑ってた。
久しぶりにいいものを見た。

お父さんは置いてかれた。



関連記事

category: VIP

tag: diary 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://arukugamu.blog70.fc2.com/tb.php/1796-c1fb671c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。