あるき亭

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

キョン「暑い…おい朝倉」  後編  


キョン「暑い…おい朝倉」 前編


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 20:41:52.49 ID:i1KIe6NU0 [73/90]




朝倉「わっ!わっ!キョン君!ね、起きて!」

キョン「んがっ!?何だ!?どした!?」ガバッ

朝倉「当たった…」

キョン「あたった?なにが?」

朝倉「クロスワードの懸賞…」

キョン「……」ゴロン

朝倉「ちょっと、寝ないでよぅ」

キョン「…で、何当たったんだぁ…?」

朝倉「えとね、オーディオセット…」

キョン「………」

キョン「やるじゃないか」ムクリ


zipyaru-20100430-22-00009.jpg


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 20:44:43.59 ID:i1KIe6NU0 [74/90]

朝倉「もぉ、ゲンキンね…コレ、このB賞」

キョン「すげー…でけー…カッコイイ…これが貰えるのか…」

朝倉「ふふん♪」

朝倉「感謝しなさいよー?」

キョン「偉いぞ、朝倉!」

朝倉「あ」

キョン「ん?」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 20:47:16.88 ID:i1KIe6NU0 [75/90]

朝倉「なんか、久しぶりに朝倉って呼ばれた気がする…」

キョン「そうだっけか?」

朝倉「ウン」

朝倉「…キョン君、私の下の名前、憶えてるよね?」

キョン「……」

朝倉「……あれ?」

キョン「……」プイ

朝倉「おいっ!」

キョン「冗談だよ…涼子」

朝倉「……」

キョン「ん、どうかしたか?」

朝倉「んふふ、なんでもな~い♪」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 20:53:58.73 ID:i1KIe6NU0 [76/90]

・・・・・・・・・
・・・・・・

キョン「ただいま」

朝倉「ん、お帰り~! さっきオーディオ届いたから設置しといたわよ」

ユウッダッチソコマデキテイルッ カミッナァリゴロゴロピカピカッ♪

キョン「お、早速聴いてるのか…って井上陽水かよ…」

朝倉「え?ダメ?」

キョン「いや、ダメってこたないが…好きなのか?」

朝倉「うーん、よくわかんない」

キョン「俺は好きだがな」

朝倉「ふぅん…て言うか、音楽自体がね…」

キョン「よく解らんのにオーディオ当てて喜んでたのかよ…」

朝倉「えへへ…」

キョン「丁度いい、CD買ってきたからこっち聴こうぜ」

朝倉「どんなの?」

キョン「ジャズだ」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 20:57:56.21 ID:i1KIe6NU0 [77/90]

キョン「………♪」

朝倉「なんか退屈な曲ね…」

キョン「お子様にはまだ早かったかな」

朝倉「…なによー…漫画でも読んでよっと」

キョン「…~♪」

朝倉「………」ペラ

キョン「……~♪」

朝倉「………」ペラ

キョン「……~♪」

朝倉「…~♪」ペラ



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:00:06.32 ID:i1KIe6NU0 [78/90]

キョン「……」

キョン「デキレバ スパゲティ」ボソ…

朝倉「え?」



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:05:34.02 ID:i1KIe6NU0 [79/90]

~数日後~

キョン「ただいま~っと」

キョン「ん?」

朝倉「~♪」

キョン「よう、またソレ聴いてるのか」

朝倉「あ、キョン君、おかえり~」

キョン「気に入ったのか?」

朝倉「うん」

朝倉「特にこの曲が好きかな」

キョン「チーク・トゥ・チークね…俺もそれ好きだぞ」

朝倉「この季節に合ってるかもね」

キョン「ああ…いつの間にかすっかり秋だな…」


キョン「…デキレバ スパゲティ…」

朝倉「スパゲティが食べたいの?作ろっか?」

キョン「…いや、あ~、ああ、頼むわ」



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:12:03.23 ID:i1KIe6NU0 [80/90]

~また数日後~


朝倉「おかえり~んこ!」

キョン「ただいまんこ…って、まぁたソレ聴いてるのか?」

朝倉「えへへ…」

キョン「何だ、最初は退屈な曲だとか言ってただろうが…」

朝倉「うん…でもね」

朝倉「いつの間にか好きになってたのよ」

朝倉「いつの間にか…ね」

キョン「ふぅん…そりゃ結構だな」

朝倉「曲名も何かいいわね…頬と頬…」

キョン「あぁ、邦題だと『頬をよせて』だったかな…確か」

朝倉「ふーん…」

朝倉「ねえねえ、キョン君」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:18:11.98 ID:i1KIe6NU0 [81/90]

キョン「何だ?」

朝倉「ほっぺたくっつけていい?」

キョン「へ?何でまた」

朝倉「どんな気分なのかなって」

キョン「いや、そういうのは大事に取っとけよ」

朝倉「またそれぇ?別にいいじゃない」

キョン「よかない、安売りするような真似はよせ」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:21:10.54 ID:i1KIe6NU0 [82/90]

朝倉「何よ…もっとスゴイことはさせたクセに…」

キョン「あ、あれはだな…若気の至りというか…お前が無理矢理…」

朝倉「私が自慰憶えてハマってた時も、手伝いのお願いしたらいつでもしてくれたじゃない」

キョン「うぐ…」

朝倉「おかしな話よね…キスすらさせてくれないのにさ」

キョン「そ、それはお前の為を思ってだな…」

朝倉「性交もだっけ?興味あるんだけどなぁ…」チラ

キョン「解った!解ったよ…少しだけだぞ…」

朝倉「やった♪」

キョン「やれやれ…」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:24:13.14 ID:i1KIe6NU0 [83/90]

朝倉「じゃ、そのまま動かないでね…」

キョン「あ、ああ」

朝倉「ふふ…なんだかキスするみたいね」ススス

キョン「それはお前が好きになった奴のために取っとけよ」ツツツ

朝倉「ほら、逃げないの…」ガシ

キョン「他のことしたら怒るからな…」

朝倉「わかってる…」ピト

キョン「……」////

朝倉「……」

キョン「……」

朝倉「……」



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/01(日) 21:28:01.74 ID:PpYZhro30

ハルヒが居なくなれば丸く収まるな




141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:28:05.70 ID:i1KIe6NU0 [84/90]

朝倉「……………」

キョン「…………」

朝倉「なんだか落ち着くね…」

キョン「…そうか?」

朝倉「ウン…昔の事、思い出しちゃうなぁ…」

キョン「……な、なぁ、もういいだろ?」

朝倉「もうちょっと…この曲、終わるまで…」

キョン「………」

朝倉「………」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:33:10.13 ID:i1KIe6NU0 [85/90]

~2年前~

キョン「あー…お茶うめー…」

朝倉「ねぇ、キョン君ってセックスしたことあるのよね」

キョン「ブハッ!ゲホッ!ブホッ…な、なんだって?」

朝倉「セックスよ、セックス…交尾のこと」

キョン「な、なんでそんなこと聞くんだよ!」

朝倉「なんでって、興味あるからよ」

朝倉「で、あるんでしょ?」

キョン「そりゃまぁ…一応あるぞ」フキフキ

キョン「…何でそんなこと聞くんだ?」フキフキ

朝倉「私にも一通り、人間としての機能が備わってるからね…一回やっとこうと思って」

キョン「ああ、そういう…って、誰とだよ!?」

朝倉「キョン君に決まってるじゃない」

キョン「だっダメだ!何言ってるんだお前は!」



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:36:26.34 ID:i1KIe6NU0 [86/90]

朝倉「え~いいじゃん…ね、しよ?」ススス

キョン「お前、自分が何言ってるのか解ってるのか!?」ツツツ

朝倉「いいじゃないの…あ、繁殖すると困るってこと?」

キョン「違う…違うんだよ朝倉、それは互いに好き会ってる者同士ですることだ」

朝倉「あら、キョン君て私の事嫌い?」

キョン「違う…そういうことじゃない」

朝倉「?」

キョン「知ってるだろ?俺がハルヒと付き合ってること」

朝倉「知ってるわ」

キョン「俺はハルヒしか抱かない…お前を抱いたら、それはハルヒを裏切ることを意味するんだ」

朝倉「そういうもんなの?」

キョン「そういうモンなの!」



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 21:42:04.76 ID:i1KIe6NU0 [87/90]

朝倉「でもさぁ、楽しそうじゃない…セックスって」

キョン「たのっ………何だって!?」

朝倉「気持ちイイ!とか、もっと!とか言いながらキャンキャン鳴いてさ、楽しそうだったわ」

キョン「いや…そうじゃなくてだな…」

朝倉「?」

キョン「何 故 そ れ を 知 っ た ?ど こ で 見 た?」

朝倉「キョン君のパソコンに入ってたDVDだけど…」

キョン「……」

キョン「ウープス…」ガク…

朝倉「まずかったかしら」

キョン「いや…ああ、マズかった…」



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:03:03.03 ID:i1KIe6NU0 [88/90]

朝倉「でも残念ね…一回くらいやってみたかったのに…」

キョン「そう言うことを真顔で言うな…」

朝倉「だってぇ…ね、さわりだけやろうよ」

キョン「さわりって…」

朝倉「まずはキスして舐めあって…」ススス…

キョン「駄目だ!」

朝倉「きゃっ」

キョン「………それもダメだ…俺にはハルヒがいる」

朝倉「黙ってればばれないわよ」

キョン「そういう問題じゃないんだよ…俺にとっては、それは神聖な行為だからだ」



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:09:02.33 ID:i1KIe6NU0 [89/90]

朝倉「もぉ、色々面倒なのね」

キョン「そうだ、それが人間なんだ」

朝倉「理解できないわ」

キョン「してもらわなきゃ困る」

朝倉「ねぇ、もし私が能力使ってキョン君と無理矢理セックスしたら、怒る?」

キョン「まぁな…それに犯罪なんだぞ、それ」

朝倉「でもさ、キョン君なら許してくれるでしょ?」

キョン「…いや、そんなことになったら俺は、もうここに居られない」

朝倉「え」

キョン「出ていく」



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:12:19.43 ID:i1KIe6NU0 [90/90]

朝倉「ちょ、ちょっと待って、嘘でしょ?こんないい物件…」

キョン「確かに惜しいが、ハルヒを裏切ることに比べれば…」

キョン「いや、いい機会だし、この際…」

朝倉「わ、わかったわ!変なこと言ってゴメン!」

キョン「…解ってくれるか」

朝倉「はぁ…まるで私が追い出すみたいじゃない…」

キョン「スマン…て、何で俺が謝るんだか」

朝倉「じゃあ、キスとセックスはダメなのね?」

キョン「そうだ」

朝倉「他はいいのね?」

キョン「そうだな…まあ、いいだろう」

朝倉「わかったわ…あぁあ、もう部屋で寝よっと…おやすみ、キョン君」

キョン「はい、おやすみよ…」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:14:40.83 ID:4Lp+Gjy30 [1/3]

~現在~


キョン「…………」

朝倉「…曲、終わっちゃったね…」

キョン「…ああ」

朝倉「……っと」スッ

キョン「はぁ…」

朝倉「あっ!キョン君の顔が真っ赤になってる!」

キョン「う、うるさいっ!お前だって…」

朝倉「えっうそっ」ペタペタ

キョン「やれやれ…バカなことしてないで飯作ってくれ…今日お前だろ」

朝倉「う、うん!」タタタ…


朝倉「ふぅ、危ない危ない…でも」

朝倉「鈍感だなぁ…本当に…」



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:20:33.39 ID:4Lp+Gjy30 [3/3]




キョン「あーぁ…あー…眠い…あ…ねむ…」

キョン「……」zzz

朝倉「あれ」

キョン「…」zzz

朝倉「キョン君…寝ちゃったの?」

朝倉「…ふふ…」

朝倉「キョン君まくら~」コロン

朝倉「おお、これはなかなか…」

キョン「うーん…」ナデ…

朝倉「!!」

キョン「すぅ…ぐぅ…」ナデナデ

朝倉「………」

朝倉「………」

朝倉「…………」スリ



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:34:05.69 ID:igrYOxd+0 [2/27]

キョン「くぅ…すこー…」ナデナデ

朝倉「ゎぁ…♪」

朝倉「~♪」

朝倉「………」スリスリ

キョン「くー…すぅ…」ナデナデ

朝倉「~~っ♪」

キョン「んん……」ナデナデ

朝倉「ふふ…」

キョン「んん~…ハルヒ…」ナデナデ

朝倉「…ッ」ピク

キョン「…食い過ぎだぞ…ハルヒ…」

朝倉「……」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:35:22.15 ID:igrYOxd+0 [3/27]

朝倉「…」ムクリ

朝倉「……」

キョン「くかー…すこー…」zzz

朝倉「…ッ」

朝倉「なによっ」

朝倉「…」ツカツカツカ

朝倉「ばかっ」バタン



キョン「ぐー…スピー…」



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:40:25.35 ID:igrYOxd+0 [5/27]

~よく☆じつ~


キョン「ただいまー…うぅ、寒…」ガチャ

朝倉「……」

キョン「おーい……あれ、あいつ居ないのか…」

朝倉「……」

キョン「うおっ!何だ、いるなら返事くらいしろよ…」

朝倉「…」プイッ

キョン「ん?どうかしたのか?」

朝倉「…」ツーン

キョン「なんだぁ?」



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:43:28.23 ID:igrYOxd+0 [6/27]

キョン「……」

朝倉「……」モグモグ

キョン「な、なぁ、何怒ってるんだ?」

朝倉「……」モグモグ

キョン「俺がいない間、何かあったのか?」

朝倉「……」パクパク

キョン「……もしかして…朝から怒ってた…?」

朝倉「……」ムシャムシャ

キョン「…俺の飯がお猪口によそってあるのは…お前なりの怒りを表現しいてるんだろうな…」

朝倉「……」ズズズ…

キョン「あ、何の小皿かと思ったら、じゃこが一匹乗ってたのか…ははは」



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:45:25.56 ID:igrYOxd+0 [7/27]

キョン「なぁ、俺が悪かったなら謝る…機嫌直してくれないか?」

朝倉「……」

キョン「せめて何で怒ってるのかくらい教えてくれて

朝倉「…ッ」ダンッ

キョン「うっ」ビク

朝倉「……」

キョン「……」

朝倉「ごちそうさま…」

キョン「……」

朝倉「……」ツカツカツカ…バタン

キョン「……」

キョン「はぁ…」モグモグ



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:49:34.47 ID:igrYOxd+0 [8/27]

キョン「なぁ、朝倉…」

朝倉「……」

キョン「…黙ってちゃ解らん…何とか言ってくれよ」

朝倉「…ふんだ…」プイ

キョン「ん?」

朝倉「キョン君のバカ」

キョン「な、なぁ、俺の何が悪かったんだ?直せる所は直す!何でも言うこと聞くぞ!」

朝倉「えっ?」

キョン「お前がそんなだと、不安で仕方ない…なぁ、何でもいい、俺にして欲しいこと

朝倉「涼宮さんと別れて」

キョン「………え?」



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:53:52.70 ID:igrYOxd+0 [9/27]

キョン「…………」

朝倉「…………あ…」

キョン「それ、マジでい

朝倉「うっ、嘘よっ!」

キョン「…………」

朝倉「…もう…本気にしないでよね…」

キョン「ハァ…なんだよ…脅かすな…」ホッ

朝倉「もぉ、最近のキョン君たら、私の事『おい』とか『お前』って呼んでばっかりなんだもん」

朝倉「私には朝倉涼子っていう、立派な名前があるんですからね!?」

キョン「な…そ、それだけか…?」

朝倉「それだけってなによ~」プクー



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 22:56:46.95 ID:igrYOxd+0 [10/27]

キョン「…まぁ、確かに最近そんな感じだったかもな…」

キョン「でもだからっておかずがじゃこってのは…」

朝倉「キョン君!」

キョン「はいっ」

朝倉「これからは私の事、ちゃんと名前で呼んでよね」

キョン「解ったよ…朝倉」

朝倉「……」

キョン「な、なんだよ…」

朝倉「な ま え で 呼 ん でっ」

キョン「…涼子」

朝倉「もう一回…」

キョン「涼子」

朝倉「……」

朝倉「…ま、許してあげるわ」



174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:01:37.04 ID:igrYOxd+0 [11/27]

キョン「やれやれ…」

朝倉「さて、食器洗ってきますか」

キョン「いい…やっといた」

朝倉「え?」

キョン「風呂も洗っといた」

朝倉「あら~」

キョン「はぁあ…なんかドッと疲れた…」ゴロン

朝倉「キョン君」

キョン「なんだよ…」

朝倉「カワイイ♪」

キョン「うるせえ」

朝倉「…♪」クスクス

キョン「……ちょっと寝るわ…」

朝倉「うん」



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:06:11.11 ID:igrYOxd+0 [12/27]

朝倉「キョン君」

キョン「んー…なんだぁ…?」ウトウト

朝倉「ごめんね」

キョン「んん…」

朝倉「……」

キョン「……」

朝倉「キョン君…」

キョン「んー…」

朝倉「おやすみなさい」

キョン「ん…おやすみ…涼子…」

朝倉「ふふ…」



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:10:17.32 ID:igrYOxd+0 [13/27]

キョン「…くー…」zzz

朝倉「………………」

朝倉「…あ」

朝倉「…そだ、イヤホンを……」キュポ

朝倉「………」ピッ

朝倉「~♪」

朝倉「キョン君まくら再び~」コロン

キョン「   」ナデナデ

朝倉「♪」

朝倉「ふふふ…聞こえない…」スリスリ

キョン「      」ナデナデ

朝倉「………」スリ

朝倉「いいんだ…これで…」

朝倉「……」

朝倉「おやすみなさい…キョンくん…」ウト…



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:10:54.02 ID:JZK0dW4N0 [2/4]

せつねぇ



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:11:05.16 ID:pxe4/Q220 [1/2]

くそ……切ないじゃないか……




182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:17:29.38 ID:igrYOxd+0 [14/27]

~それからたった一ヶ月後~



キョン「涼子、聞いてくれ」

朝倉「な、何よ…改まって…」

キョン「ハルヒとの結婚が決まった」

朝倉「え」

キョン「訳あって、かなり急なんだがな、来月に式を挙げるんだ」

朝倉「……」

キョン「それでな、引越しやら準備やらで、暫らくバタバタすると思うんだ」

朝倉「う、うん…あ、じゃあ色々手伝ってあげるわよ」

キョン「すまん…助かるよ」


朝倉「キョン君…」

キョン「ん?」

朝倉「おめでとう」

キョン「…ありがとな…涼子」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:20:20.10 ID:igrYOxd+0 [15/27]

~一ヶ月後~

リンゴーン… リンゴーン

谷口「キョン!この野郎、やったなw」

国木田「おめでとう!キョン!」

妹「ハルにゃんきれー…」

みくる「涼宮さん、キョン君!おめでとう!」

鶴屋さん「キョン君っ!ハルにゃんをめいっぱい幸せにしてあげるっさ!」

森さん「おめでとうございます!……いいなあ…」ウルウル

古泉「末永くお幸せに!」(今のは聞こえなかったことにしよう…)

長門「……」





朝倉「………」ポツン



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:23:07.25 ID:igrYOxd+0 [16/27]

喜緑さん「お久しぶり」

朝倉「あ…喜緑さん…久しぶりね…」

喜緑さん「行かないんですか?こんな端っこで…」

朝倉「うん…ちょっと、どんな顔すればいいのか…わかんなくて」

喜緑さん「どうして?」

朝倉「………」

喜緑さん「………」

朝倉「なんでだろうね…」

喜緑さん「…ちょっと、場所変えましょうか」

朝倉「…ええ…私も…ちょっとしたお願いがあるんです」

喜緑さん「お願い…ですか…?」

朝倉「ええ…でもここじゃあちょっと…行きましょう」



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:25:32.29 ID:igrYOxd+0 [17/27]

~どこかの屋上~


喜緑さん「ふぅん…ここ、なかなかの穴場ですね…見て、朝倉さん」

喜緑さん「教会から出てくる新郎新婦がよく見えますよ?」

喜緑さん「私達以外じゃ、ちょっと登って来れませんけどね…」

喜緑さん「………」

朝倉「………」

喜緑さん「ねえ、朝倉さん」

朝倉「………」

喜緑さん「……好きだったんでしょ…キョン君のこと」

朝倉「……っ」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:30:30.89 ID:igrYOxd+0 [18/27]

朝倉「違うわ…違う…だって私、人を好きになるって…まだ…」

喜緑さん「いつまでごまかすつもり?」

朝倉「…っ……ごまかしてなんか…」

喜緑さん「ごまかしでないなら逃げてるだけよ」

喜緑さん「自分の気持ちから目を逸らして、先の事を考えないで…」

喜緑さん「色んなモノから逃げて、一番心地いい場所に籠ってたツケが巡ってきたんですよ」

朝倉「うるさいッ!もうやめてっ!」

喜緑さん「ごめんなさい…でも、終わったの…だから彼のことは、もう忘れなさい」

朝倉「うるさいっ!うるさいっ!何よ、何も知らないクセに!」

喜緑さん「貴女を見ていればわかるわ」

朝倉「解るもんですかっ!」

喜緑さん「私だって、一応女ですから…」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:34:13.75 ID:igrYOxd+0 [19/27]

喜緑さん「想いを伝えたらキョン君が離れてしまうと思ったんでしょ?」

朝倉「違う!…想ってなんかない…」

喜緑さん「一生懸命、想いを悟られないようにしてたのね」

朝倉「違う…違う…やめて…」

喜緑さん「一人になるのが怖かったんでしょ?」

朝倉「そんなこと無い…やめてよ…変なこと言わないで…」

喜緑さん「一人になっちゃったのよ?」

朝倉「ッ!!」ギクンッ



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:36:48.79 ID:igrYOxd+0 [20/27]

朝倉「……あ…」

喜緑さん「………ごめんなさい…」

朝倉「あ…」フラッ

朝倉「あ…ああ…」ペタン

喜緑さん「……でもね…」

朝倉「あああ…あぅ…あ、あ…ヒッ…ふああ…」プルプル

喜緑さん「あなたにだって…幸せになる権利はあったはずなのに…」

朝倉「ふえっ…ふえぇぇぇぇ…ひぃ、ふぃぃぃいい~…」ポロポロ



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:41:35.83 ID:wUrIaG640

この眉毛はもっと報われても良い



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:43:03.41 ID:igrYOxd+0 [21/27]

喜緑さん「バカな子…想いを伝えて、それでダメなら改変能力を使えばよかったじゃない」

喜緑さん「キョン君のその日の記憶を消去すれば、無かったことにできるのよ?」

喜緑さん「それだけじゃない…上手く立ち回れば、もしかしたら…」

朝倉「…えっ…えぐっ…」

朝倉「考えたわ…ヒッ…何度も…」

朝倉「でも…グス…わたし、怖くて…無かったことに、できるって解ってても…」

喜緑さん「………」

朝倉「その一回の拒絶が怖くて…怖くて怖くて…足震えちゃって…」

喜緑さん「本当に…バカな子…」

朝倉「キョンくぅん…やだよぉ、行っちゃヤダぁ~、ふわぁああん…」ポロポロ



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:47:07.67 ID:igrYOxd+0 [22/27]

喜緑さん「朝倉さん…ハンカチ、使ってください」

朝倉「えっぐ、ひぐぅ、ぶひっ、ひぃいいい~ん、ひぃいぃいいん…」グシ

喜緑さん「ほら、もうドレスの袖がビショビショじゃない…」

朝倉「きっ、キョンくんっ、キョン君がぁ…いっ、行っちゃったよぅっ!」

喜緑さん「これは…ハンカチじゃあ追っつかないかもね…」

朝倉「ひどいよぉ、キョン君っ、キョン君じゃなきゃヤダぁ…」

朝倉「ほかのひと、好きになれって、ひぐっ、どうしろっていうのよお~…」

朝倉「キョン君のばかぁ…なんで、なんで優しくしたのよぅ、撫でたりしたのよぉっ」

朝倉「つらいよぅ、怖いよぅ、一人は嫌、キョン君、キョンくぅん!行かないでぇっ!」

朝倉「ううう…うっ…ううー、ううううう…」

喜緑さん「………朝倉さん…」

朝倉「ひっく、うっうっ…喜緑さん…お願い…私の、情報連結…解除…




長門「無理」スタッ



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:51:23.40 ID:igrYOxd+0 [23/27]

喜緑さん「長門さん…」

長門「あなたは私のバックアップ…生殺与奪の権限は私にある」

朝倉「長門さんお願い…もうイヤなの…この苦しみを終わらせて…」

長門「許可しない」

朝倉「お願い…お願い…怖いよぅ…これからキョン君がいない時間が続くなんて耐えられない…」

長門「甘えないで」

朝倉「…え」

長門「その苦しみを味わってるのはあなただけではない」

長門「同じケースで苦しんでいる人間は、この惑星にも数多く存在する」

朝倉「………」

朝倉「……………ふ…」

朝倉「……ふふっ…ふふふ…」

長門「?」



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:54:19.59 ID:igrYOxd+0 [24/27]

朝倉「ふふふふ…」

長門「なに」

朝倉「グス…そうよね…あなただってそうだもんね…」

長門「……」

朝倉「好きなんでしょ…?キョン君のこと…」

長門「………」

朝倉「内心では涼宮ハルヒに、キョン君を取られて悔しいんでしょ!?」

長門「………」

朝倉「涼宮ハルヒさえいなければ、あなただって……」

朝倉「そうよ…あの女さえいなければ…」

喜緑さん「…ッ!?」



209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:55:00.93 ID:X96TPmc10

ざわ…



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:56:25.32 ID:igrYOxd+0 [25/27]

朝倉「ふふ…あの女がいなければ…あの女がいなくなれば…」

長門「………」

喜緑さん「ちょっ、ちょっと朝倉さん!?何を言って…」

朝倉「…あの女を殺してキョン君を…ふふふ…いつかとは逆ね」

長門「………」

朝倉「くふっ…ふふふっ…へぇ…止めないんだぁ、長門さん……」

朝倉「お互いの利害は一致してるわ…ねぇ、一緒に行かない?」

長門「……行かない」

朝倉「あ、そ…そんな程度なのね…長門さんの、キョン君への想いは…」

朝倉「ふふっ…」バッ

喜緑さん「あっ…待ちなさい!」



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/01(日) 23:59:15.63 ID:igrYOxd+0 [26/27]

喜緑さん「長門さん!どうして止めなかったんですか!?」

長門「………」

喜緑さん「早く追わなきゃ!行きましょう!」

長門「心配無い」

喜緑さん「何を悠著な…このままじゃ涼宮さんが…」

長門「朝倉涼子に、涼宮ハルヒを殺すことはできない」

喜緑さん「ど、どうして…」

長門「…涼宮ハルヒの隣には…彼がいるから…」

喜緑さん「あっ…」

長門「…………」

喜緑さん「…………」

喜緑さん「…………バカな子…本当に…」



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:03:28.01 ID:wNtkKGoD0 [1/17]

~数年後~


ハルヒ「キョン!きょ~ん~!起きなさい!もう朝よ!」

キョン「うー…ねむい…」ノソノソ

ハルヒ「おはよう、キョン」

キョン「おはよ…」

ハルヒ「よしっと…あとは…」

ハルヒ「キョン!はやく起きなさい!あんた今日くらい早起きしなさいよ!」

ハルヒ「もうキョンは席に着いてるわよ!はやく起きてよ!キョン!」

キョン「うう…眠い…」ノソノソ

ハルヒ「おはよう、キョン」

キョン「はいおはよーさん…」

ハルヒ「さ、ご飯食べましょ!」



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:05:07.14 ID:F56JWNa60 [1/2]

ん?


ん?




220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:05:49.48 ID:wNtkKGoD0 [2/17]

キョン「なぁハルヒ…いい加減どっちか本名で呼んでくれないか?紛らわしくてかなわん」

ハルヒ「いいじゃない…ねーキョン♪」

キョン「正直、僕も紛らわしいとおもう…」

キョン「お前もさぁ、もっと別のアダナに変えてもらえよ…」

キョン「だってみんながこっちのほうが呼びやすいって…」

キョン「はぁ…やれやれ…」

ハルヒ「いいじゃないの、どうせ顔も性格もソックリなんだし」

キョン「アダナとは全然関係無いだろうが…」

キョン「ぼくは父さんほどヒネてないよ…」

ハルヒ「いいから早く食べちゃってよ!今日は有希が帰って来るのよ!」

キョン「そうだったな…長門か…何年ぶりだろうな…」



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:07:26.36 ID:wNtkKGoD0 [3/17]

キョン「ねえねえ」

キョン「ん?」

キョン「ナガトユキって、母さんがよく言ってた人?」

ハルヒ「そぉよ!あんたが学校から帰ってきたら紹介するからね」

キョン「どんな人なの?」

キョン「大人しい子だったな…俺とハルヒが結婚して、すぐに仕事で外国に行ったんだ」

ハルヒ「もう手紙や電話だけで何年も会ってないわねぇ…楽しみだわ~」

キョン「ふーん…」



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:08:55.91 ID:igrYOxd+0 [27/27]

prrrr! prrrrr!

ハルヒ「もしもし、あっ有希!?今どこ?早く来なさいよ!」


キョン「さてと、学校いこっと」

キョン「おう、車に気を付けてな」


ハルヒ「え?どこですって?小学校?なんで有希が…」

ハルヒ「はぁああ!?娘ぇ!?出産ってあんた…」

キョン「何ぃ!?今何て言った!?長門の娘!?ちょっ、相手は誰だッ!」

ハルヒ「いつ!?え、もう十歳って…あんたそんな素振り全然…ああんもう!サッサと手続きしてウチに来なさい!」



キョン「…?」

キョン「…いってきまーす」テクテク



231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:11:12.27 ID:F56JWNa60 [2/2]

なん……だと……




232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:11:51.85 ID:wNtkKGoD0 [5/17]

~小学校~


キョン「おはよーござますっ」

担任「お、キョン君おはよー」

担任「あ、そうそうキョン君、今日ね、カワイイ転校生が来てるのよ」

キョン「え?でも先生そんなこと一度も…」

担任「なんかよく解んないけど、今日になって急に決まったんだってサ」

キョン「ふぅん…」

担任「一足先に紹介しとくわね、ええっと名前は…」

??「あなたがキョンくん?」ピョコ

キョン「えっ?」



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:13:11.42 ID:wNtkKGoD0 [6/17]

~十年前・某所~


朝倉「…………」ポツン

喜緑さん「朝倉さん…やっぱりできなかったのね…」

朝倉「……………」

喜緑さん「……朝倉さん?」

朝倉「…………」

長門「……」

喜緑さん「ねぇ、朝倉さん…?」

長門「…私達の声は届いていない」

喜緑さん「えっ?」



235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:16:21.29 ID:wNtkKGoD0 [7/17]

長門「朝倉涼子は肉体以外が機能停止状態にある」

喜緑さん「ど、どういうことですか?

長門「恐らく、ある種の感情が想定された値を上回って起こった致命的なエラー」

長門「朝倉涼子は…自分の意思で思考ルーチンを停止させた」

長門「恐らく、涼宮ハルヒの死が、そのまま彼の死を意味することを理解する場面に遭遇し…」

長門「予定していた行動に対する自己嫌悪から、自我を崩壊させたものと考えられる」

喜緑さん「…嘘でしょ?人が自力で心臓止めるようなモノじゃない…」

長門「……」

喜緑さん「…でも、それが実際に起きてるのね…」

喜緑さん「…朝倉さん……あなた…そこまでキョン君のこと…」


朝倉「…………」



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:19:21.78 ID:wNtkKGoD0 [8/17]

喜緑さん「……長門さん…私からもお願い…朝倉さんを楽にさせてあげて…」

喜緑さん「もう、見てられないわ……」


朝倉「……」ブツブツ…


長門「………」

長門「…思えば…私達に情報操作能力が無ければ…」

喜緑さん「……」

長門「彼と同じ、人間であったのなら…もっと違う結果が待っていたかもしれない…」

長門「パーソナルネーム・朝倉涼子を機能不全と認定…」



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:21:39.62 ID:wNtkKGoD0 [9/17]

朝倉「………」シュウウ…

喜緑さん「……長門さん…ありがとう…」

長門「*&%$#‘=)~…勘違いしないで欲しい」

喜緑さん「えっ?」

長門「朝倉涼子の要求には応じられない」

長門「しかし今回の件、私には重大な過失がある」

長門「故に要求の半分を叶えることとする」

喜緑さん「そ、それってどういう意味ですか?」

長門「……%$&#’=~|gskRA#W$%E&RYTN‘*?+P」


朝倉「…………」シュウウウウ…



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:24:48.36 ID:wNtkKGoD0 [10/17]

喜緑さん「!!」

喜緑さん「…これは…!」

長門「…」

喜緑さん「長門さん…!」

長門「これでいい」

喜緑さん「長門さんっ」ギュウ…

長門「これが彼女にできる、わたしの贖罪…最大限の譲歩…それに…」

長門「一人ぼっちが怖いのは、わたしも同じだから」


フニャァ…フミャァ……

長門「……よしよし…」

長門「後の事は、わたしに任せて…」

ホニャァ、フニャァ、アウー…



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:26:57.32 ID:wNtkKGoD0 [11/17]

~現代~


??「はじめまして!ママから聞いてるわ!」

??「昨日、キョン君のおうちの近くにひっこしてきたの!」

??「ずっと会いたいって思ってたんだよ?」

キョン「…?…え?」

??「ね、お友達になりましょうよ!」

キョン「えっと…君は…」

??「あっ、じこしょうかいがおくれました!」

涼子「わたし、長門涼子!十歳です!」

キョン「あ、僕は…」

涼子「よろしくね、キョン君!仲良くしましょ?」


おし まい



243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/08/02(月) 00:28:23.87 ID:SOb6CHUW0

ふおおおおお





249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:30:33.73 ID:E8UYJchW0 [1/2]

よかったねええええええええええええ



258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:34:46.85 ID:wNtkKGoD0 [13/17]

ザクッ ザクッ…


喜緑さん「ふぅ…深さはもう十分ね…」

喜緑さん「やっほー…」

やっほー

ヤッホー

ホー…

喜緑さん「……」

喜緑さん「よしっと」



262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 00:36:31.01 ID:wNtkKGoD0 [14/17]

喜緑さん「コホン…」

喜緑さん「………」スゥ…

喜緑さん「長門さんが電車賃ケチったのが原因じゃないんかぁ~~~いッ」

ないんかーい

インカーイ

カーイ    ※エコー


喜緑さん「ふぅ、スッキリした…」

喜緑さん「帰ろっと…」クル

喜緑さん「!!」ギク


長門「………」ズーン
涼子「あうー、きゃー♪」


喜緑さん「あ…あの……」




おし まい



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/02(月) 01:33:52.38 ID:lsbYktHK0

ハルヒ見たことない俺でも楽しめたよ
面白かった。



関連記事

category: SS

tag: pixiv  diary 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://arukugamu.blog70.fc2.com/tb.php/1839-73b0e0c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。